×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







便秘改善方法や予防など

便秘と言うのは女性に多い気がしますが、大便を我慢するとそれに慣れてしまい、出づらくなるようです。

食物繊維などの野菜をできるだけ多く摂取した方がいいともいいますが、野菜を食べたからと言って必ず出るというものでもないのでなかなか大変です。

なんとなく経験で言うと夜遅くに食べると食べたものが長期間溜まる感じがあります。

肉などを一度に大量に食べると便が溜まる感じがあります。

逆に肉などたんぱく質を適度に食べると腸が刺激されて出やすいようになる気がします。


【送料無料】進化した乳酸菌ヨーグルト!ちょーぐると 100,000mg(約1ヵ月分)おなかに届けたい善玉菌ケア新乳酸菌飲料1兆9293億個の植物性 動物性乳酸菌 ビフィズス菌|食物繊維 オリゴ糖 腸内フローラ 美粉屋 腸内環境 植物性乳酸菌/プロバイオティクス

我慢しないで済むようにすることこそが改善や対策につながると思うので、できるだけ家にいる時間帯に大便が出るように食事を調整した方が良さそうです。

朝に出るのが良いとされ、朝に出そうと朝食をしっかりと食べてもでない時はあります。

でないのにむしろ食べ過ぎてお腹にさらに溜まるということがあったり、家の外で行きたくなるようにもなったりするので朝に出そうとはせず朝は軽い食事の方がいいのかもしれません。

できれば時間に余裕のある夕方から夜までの間に出す努力をした方っが良さそうです。

歳をとっていくと牛乳は刺激するそうですし、発酵食品なども効果があるのではないかとも言われています。

人によって腸を刺激する食べ物があるようなので、そういう食べ物を探すこともできるかもしれません。

朝であれば炭酸飲料を飲むと出やすくなるという意見もあります。

今は便秘薬まではいかずに、便秘を解消する商品なども登場しています。

時と場合によっては朝起きてすぐに食事をすると快便になることもあります。

トイレは朝に行った方がいいそうですが、なかなか朝は忙しいとか思ったほどでないこともあるのでなかなか難しい時間帯なのかもしれませんね。

家族が多い家庭では朝に集中するとなかなか時間が確保できない場合もあるので、朝にこだわらない方がいいのかもしれませんね。

一度排便を我慢すると、その後もずっとトイレに行きたくはない、便が出る感じがない日が続くこともあるので、我慢しなくていいように時間の調節など考えた方がいいのかもしれません。

便が硬い場合は、便は力みすぎるとか、ふんべりすぎると便の通り道に負担がかかることがあるそうなので、できる範囲内で時間をかけて出すようにされた方がいいのかもしれません。



ダイエトについて

便秘が気になるという方はダイエットも気になるという方もおられるかもしれませんが、ダイエットではあまり食べないようにすることも大事ですね。

便秘の改善について食べ過ぎても便秘気味になることもありますし、適度に食べた方が便秘にはなりづらいのかもしれないと思いました。

便が出やすい環境と言うのはヨーグルトや牛乳などたんぱく質を食べた時である場合もあるそうなので、乳製品が効果がある場合もあるかもしれませんね。

便が溜まっている場合に、トイレで出した後は1Kgから3Kg程度ほど体重が落ちている方もおられたので体重測定などとにかく体重の数字を変えたい時にはトイレに行くことは大きな影響を与えるかもしれませんね。


大食いタレントとか有名な方々はあまり太っていないですが、便がすぐに出るとかかなりの量を出すそうなので、太りづらいそうです。

普段はそこまで食べないとか、大食い大会の数週間前に大食いに慣れるよう適応できるように大量の食事をするようにしているそうです。

そういう日を続けていても太ってないので便と肥満には関係があるのかもしれませんね。

または食べ物の吸収が良い悪いとか、エネルギーの利用とかカロリーの消費などの関係もあるのかもしれませんが。